カードローンは主婦でもパートで働いていれば利用できる

パートカードローンの融資条件は一般的に20歳以上で安定した収入が見込めることと定めていることが多いので、職業は正社員である必要はなく、主婦であってもパートなどで働いていればこの条件を満たせるので問題ありません。ただし、返済能力が高くないので、利用限度額が低くされることが多いです。また、審査の厳しいところではアルバイトやパートは安定していると認めないこともあるので、申し込みを行う前に融資条件に記載されている内容を確認しておきましょう。
全く働いていない専業主婦の場合には融資条件で問題になることが多くなります。まず、消費者金融では総量規制によって年収の3分の1までしか融資できなくなっており、働いていなければ融資可能な金額は0になります。配偶者の年収を元にして融資額の上限を決める配偶者貸付という制度もありますが、大手の消費者金融はこの制度を適用していないので、お金を借りたい場合は少しでも働いていなければなりません。
銀行の場合は総量規制の対象外になるので法律上では年収で融資額が規制されることはありません。しかし、年収は返済能力に関連するものなので、本人の収入が求められたり、配偶者の同意がなければローンを組めないことが多いです。ただし、一部の銀行では専業主婦でも融資を認めているカードローンがあるので、働くことができず、配偶者にも知られずにお金を借りたい場合にはこれを利用すると良いでしょう。審査も短時間で終わるため、条件を満たしていれば即日で融資を受けることもできます。