主婦がカードローン契約する際の限度額はどう決まるのか

ATM主婦の暮らしは限られたお金の中で家族が暮らすためのやりくりに走行錯誤を繰り返す毎日です。そのような中でもしも支払い金額が足りなくなってしまったような折にはキャッシングやカードローンを使って融資を受けるとピンチをクリアできるはず。とりわけカードローンはネットや電話、店舗窓口、無人機などで申し込みを行った上でカード発行を受け、それを用いて近場のATMを訪れることでいつでも簡単に融資金を引き出すことができます。

ただし、主婦が借入を行う場合には消費者金融と銀行とでは大きく条件が異なりますので注意が必要です。まず金利の面で言うと銀行の方が低金利にてサービス提供を行っていることからこちらに大きなメリットがあると言えるでしょう。さらにこちらは総量規制対象外ということもあり、仮に主婦が何も仕事をしておらず無収入の場合でも条件さえ揃えばカードローンの審査に通過することができます。消費者金融では総量規制のために年収の3分の1を超えるローン契約が行えないため、その分、大きな差が生まれます。

ただし、いずれの方法で借り入れを行うにしても、限度額の算出に関してはそれぞれの利用規約や審査基準があり、収入や経済力、返済能力、またはサービス利用に伴う信用度などに基づいて詳細に算出されることとなります。できるだけ高い限度額のものを選びたいのであれば、まずはネットの口コミや体験談をしっかりとチェックすることで各社の傾向を把握した上で、自分に最適の業者を選択することが求められるでしょう。